キャッシングはヤミ金などの被害に合う可能性が高いので心にとめておく

簡単な気持ちでキャッシング業者やカードローン会社からお金を借りてしまいますと、利用限度額まで借金をしてしまい、新たなキャッシング会社に申込みをするようになる可能性が高いです。キャッシングは簡単に申込みができ、無担保・無保証人でお金を借りることができるのです。また、キャッシングを利用する際のカードが発行されますので、現金に困った時には、カードを利用すれば良いと考えてしまうのです。カードは、金融機関はもちろん、コンビニのATMなどで利用することができますので、いつでも利用できると思っても過言ではありません。しかし、借金が増えるにつれて、毎月の返済が滞るような状態になってしまい、多重債務者になる恐れもあります。多重債務者になりますと、新たなキャッシング業者に申込みをしましても、利用することができない場合があります。総量規制という規制があり、年収の3分の1までしか、借金をすることができないのです。そうなった場合には、すぐに債務整理の手続きをするとよろしいと思うのですが、なかなか債務整理をしようとは思わず、お金を貸してくれる業者を探すことになります。金利がとても安く、どのような人でも利用可能などを謳っているヤミ金業者が存在するのです。表向きには、認可を受けた健全な会社だと謳っていますが、そもそも総量規制があるのですから、どの貸金業者も、総量規制の対象者には、お金を貸してはならないのです。つまり、総量規制以上のお金を借りている際でも融資する会社は違法な業者と捉えなくてはなりません。